WP Multibyte Patch 2.8

WP Multibyte Patch 2.8 をリリースしました。

2.8 の主な変更点

  • フィード XML サニタイズ機能を追加しました。

新機能「フィード XML サニタイズ」について

WordPress がフィードで出力する XML 1.0 では、使用可能な文字が厳密に定義されているため、仕様上不正となる文字をフィードが含んでいる場合は、検証時にエラーとなります。この問題を防止するため、WP Multibyte Patch 2.8 では、記事フィードとコメントフィードから XML 不正文字を除去し、破損したマルチバイト文字の無害化を行う機能を新たに追加しました。

なお、XML 不正文字が混入するケースは、外部エディター等からのコピーペースト作業が多いなどの一部のユーザー環境の方に限られると思われることから、本機能はデフォルトではオフになっております。ご利用の際は wpmp-config.php を以下のように編集して有効化してください。

$wpmp_conf['patch_sanitize_feed_xml_text'] = false;

$wpmp_conf['patch_sanitize_feed_xml_text'] = true;

WP Multibyte Patch 2.8 のダウンロードと詳しい説明

WP Multibyte Patch 2.7

WP Multibyte Patch 2.7 をリリースしました。

2.7 の主な変更点

  • 投稿エディタのリンク挿入機能(wplink.js) の WordPress 4.6 向け互換性修正。
  • wp_mail()Reply-To ヘッダ問題修正に伴う互換性修正。

WordPress 4.6 へ更新を行う方へ

本バージョンには投稿エディタのリンク挿入機能に関連する wplink.js の重要な互換性の修正が含まれています。WordPress 4.6 へ更新を行う場合は、必ず WP Multibyte Patch 2.7 の更新もあわせて行ってください。

WP Multibyte Patch 2.7 のダウンロードと詳しい説明

WP Multibyte Patch 2.6

WP Multibyte Patch 2.6 をリリースしました。

2.6 の主な変更点

  • 投稿エディタのリンク挿入機能(wplink.js) の WordPress 4.5 向け互換性修正。

WordPress 4.5 へ更新を行う方へ

本バージョンには投稿エディタのリンク挿入機能に関連する wplink.js の重要な互換性の修正が含まれています。WordPress 4.5 へ更新を行う場合は、必ず WP Multibyte Patch 2.6 の更新もあわせて行ってください。

WP Multibyte Patch 2.6 のダウンロードと詳しい説明

WP Multibyte Patch 2.5

WP Multibyte Patch 2.5 をリリースしました。

2.5 の主な変更点

  • 投稿エディタのリンク挿入機能(wplink.js) の WordPress 4.4 向け互換性修正。
  • コメント抜粋機能の改善。comment オブジェクトを使用し、より正確な文字数ベースの抜粋を行えるようにした。
  • Twenty Sixteen テーマの Google フォントを翻訳ファイルの有無に関わらず任意で無効化できる機能を追加。
  • Twenty Fifteen、Twenty Sixteen テーマの Google フォントを無効化した際に、ビジュアルエディタとの関連付けも無効化するようにした。
  • 投稿エディタの文字数表示機能(word-count.js)に関するコードを削除した。

WordPress 4.4 へ更新を行う方へ

本バージョンには投稿エディタのリンク挿入機能に関連する wplink.js の重要な互換性の修正が含まれています。WordPress 4.4 へ更新を行う場合は、必ず WP Multibyte Patch 2.5 の更新もあわせて行ってください。

WP Multibyte Patch 2.5 のダウンロードと詳しい説明